Blog

苦手意識を克服しよう!!論理的に説明するにはどうしたらいい!?

絵に描けないなら自分も理解できていない

女性営業の悩みで一番多いのが、つかみはいいけど、本題となるとなかなかうまく進まないということです。論理的に自分ではしゃべっているつもりでも、結局何がいいたいのと相手に言われてしまったことはないでしょうか。どうやったら系統だてて説明できるのかを考えてみましょう。ひとつのやり方として、どんなことでも必ず絵を描いてみるという方法があります。絵に描けないとうことは、理解していないので人に説明できるわけがありませんよね。

図式化してまずか自分が理解しよう

相手のところに行く前には、全体的な仕事の流れや、誰が何にたいしていつまでにコミットするのかや、どのビジネスが取れていてこれからどこを取るのかなど、あらゆることを頭で考えるのでなく明確に図式化してみましょう。そうすることで、自分の理解が抜け落ちている箇所やこれから相手との話し合いが必要な場所が浮き彫りになってくるのですよ。こうしたことはミーティング用の資料作りの第一歩にもなります。大きな図が描けたら要所要所で根拠や数字、グラフや表などを足していきましょう。まずは大きな森を描いておいて、後で気を足していくイメージです。

キーワードをメモしてその場で整理していく

商談中には常にノートにペンを走らせましょう。相手の話を聞きながら耳に入ってきた言葉をできるだけ全部書き込んでいき、一区切りついたところでポイントになる箇所に丸をつけていくのです。相手の話の要点をサッと整理したらこういう理解でよろしいですかと確認しながら話を進めていきましょう。キーワードのメモは頭の中を整理するためのもので、限られた時間の中で、相手の話を聞き、こちらの説明をしなくてはならない状況では必要な作業です。また、商談後にそのメモを見せながらその日の話の趣旨や次回までの課題を確認すれば、相手もどこがポイントかを一目で理解できるのでスムーズになります。何かをしながら、違う作業を進めたり、頭の中を整理していくなど、同時進行できるのは女性のほうが得意ですから、細やかな気配りと合わせて男性営業マンに差をつけましょう。

女性営業の仕事に関心がある時は、求人サイトを重点的に閲覧しましょう。全国の求人が載っていますから、とても便利です。