Blog

仕事と子育てを無理無く両立させる為に活用すべき支援

仕事と子育ての間にある最大の課題は時間の確保に

経済的に余裕が無く共働きが強要される世帯の多い現代社会の中で、子育てと仕事をいかに両立させるかが大きな課題となるのは間違い無いでしょう。無論その中で最大のネックとなってくるのが時間。仕事に掛ける時間と子育てに掛ける時間は基本的に同一時間帯には到底無理な話ですよね。現在では市町村や勤め先の企業でも積極的にこうした課題に対し援助する制度や施設を充実させてきており、利用可能ならばこれらを大いに活用しなければ絶対に損と言えるまでになっているのです。

地域や企業の託児施設は積極的に活用すべき

地域にある保育園や幼稚園、企業が独自に保有する託児所といった施設はチャンスがあれば積極的に活用すべきでしょう。現在では多くの自治体が子育て支援の名目で資金の援助を行っており、仕事と子育て両立のもう一つの課題である経済面での負担を大きく軽減させてくれるのです。地域の施設であれば通勤ルート等を十分考慮に入れ、出勤の際に子供を預け、帰宅途中に子供を迎えて一緒に帰宅するというパターンが確立出来ればベストですよね。時間的なロスも少なく、防犯面でも非常に安心なやり方なのです。

子育て支援NPOのスペース利用も視野に

近隣の幼稚園や保育園に空きが無く待機せざるを得ないケースを始め、思う様に子供を預ける場所を見付けられない事態もあるでしょう。そんな時、民間の子育て支援NPOが設ける交流スペースを利用してみるのも一つの方法です。最近ではこれらの団体も自治体からの援助を受け、設備や保育士の充実を始め子供を預けるに十分安心出来る環境を備える様になりました。このスペースでは同じ悩みを持つ親同士の交流や、時間に余裕がある親がスタッフと協力して子供の面倒を見るといった工夫が取られており、子供もストレスを感じる事は大変少ないものなのです。

シングルマザーの仕事をうまく探すには、経営者にシングルマザーに対して理解力があるかどうかが重要になってきます。